WooCommerce向けWordPressテーマ「Japacart(ジャパカート)」

返金作業はWooCommerceの注文画面から行うのが便利です。
基本的には [WooCommerce] -> [注文] から行ってください。

ただ、何らかの理由でWooCommerce側で返金処理をすることができなかった場合に備えて、Stripeサイトで返金の手続きをする方法もお伝えしておきます。


Stripeサイトにログインします。


[支払い] -> [すべて] タブから返金処理をしたい取引を選択します。


取引詳細ページの右上の [返金] ボタンを押します。


ポップアップが開きますので、「返金金額」を入力、「理由」を選択の上 [返金] ボタンを押します。
「詳細」の記入は任意です。


[WooCommerce] -> [設定] -> メールタブ で「払い戻し注文」メールを「オン」にしている場合は、購入者へメールが送付されます。


詳細ページのタイムラインに返金履歴が追加されます。

WordPress(WooCommerce)側の動き

返金が完了すると、[WooCommerce] -> [注文] で、

  • 全額返金の場合はステータスが「払い戻し」になります。
  • 一部返金の場合はステータスが変わりません。

全額返金、一部返金のどちらの場合でも、取引詳細画面で注文メモに返金処理が行われた旨のメモが追加されます。

❗ 注意

一部返金をした場合、前述の通り、WooCommerce側でステータスが変更されません。

手動でWooCommerceのステータスを「払い戻し」に変更すると、「払い戻し注文」メールを「オン」にしている場合は再度購入者へ返金完了のメールが送付されてしまいます。
しかも全額返金されたという内容のメールになってしまいますので注意が必要です。

「払い戻し注文」メールは予期せぬタイミングで送られてしまうことがあるため、オフに設定し、個別に購入者へ通知する方が無難かもしれません。

ネットショップ向けWooCommcerce対応WordPressテーマ Japacart(ジャパカート)