WooCommerce向けWordPressテーマ「Japacart(ジャパカート)」

Japacartアフィリエイトプログラムを開始しました

返金作業はWooCommerceの注文画面から行うのが便利です。
基本的には [WooCommerce] -> [注文] から行ってください。

ただ、何らかの理由でWooCommerce側で返金処理をすることができなかった場合に備えて、Stripeサイトで返金の手続きをする方法もお伝えしておきます。


ペイパルにビジネスアカウントでログインします。


取引履歴から、返金をしたい取引のアクションから「返金」を選択します。


「合計返金額」に返金する金額を入力して [返金を実行] ボタンを押してください。
「請求書番号」と「買い手へのメッセージ」は任意項目です。もし「請求書番号」を入力する場合は、WooCommerceの注文画面の注文ID(#1234)を入力すると良いでしょう。

[資金取引の表示] ボタンを押すと、詳細が表示されます。

PayPalから購入者へ届くメール

ショップが返金手続きをするとすぐに届きます。
「返金を実行」画面で入力したIDが記載されています。

購入者のPayPal画面。

「返金を実行」画面で入力した買い手へのメッセージが記載されています。

❗ 2020年8月に検証したところ、WooCommerceのメール設定で「払い戻し注文」メールをオンにしていても、購入者へは返金案内メールは届きませんでした。
※購入者へ届くのはあくまでPayPalからです。


WordPress(WooCommerce)側の動き

返金完了後に、[WooCommerce] -> [注文] 画面を確認したところ、返金の処理履歴がありませんでした。

こういったことからもやはり返金はできるだけWooCommerceの注文画面から行うのが良いでしょう。

❗ 注意

手動でWooCommerceのステータスを「払い戻し」に変更すると、「払い戻し注文」メールを「オン」にしている場合は購入者へ返金完了のメールが送付されてしまいます。
しかも全額返金されたという内容のメールになってしまいますので注意が必要です。

「払い戻し注文」メールは予期せぬタイミングで送られてしまうことがあるため、オフに設定し、個別に購入者へ通知する方が無難かもしれません。

ネットショップ向けWooCommcerce対応WordPressテーマ Japacart(ジャパカート)